2018年5月23日水曜日

ご縁もいただきました!セラピスト語るナイトinTOKYO



セラピスト語るナイトにてMVP



5月19日、セラピスト語るナイトin東京にプレゼンターとして参加してきました。自分の好きな「タスク管理」に関して好きなように語りMVPをいただくことができました~ありがとうございます(`・ω・´)ゞ


語るナイトって?



5分程度のショートプレゼン大会で語る内容はなんでもOK!持込可能な空間を準備していただいたので、ビール飲みながら語る・聞く・うなずく・笑うの流れが止まること無く続きました。
主催者さんの安藤さん(@andyou_andme)がまとめ記事を作成してくれてましたので、興味があるかたはこちらをどうぞ。
セラピスト語るナイトin東京 | SSC ー臨床スキルシェア倶楽部ー





プレゼンターの情熱ももらえた



10人のプレゼンターがセラピストとしての思い・行動・次の一歩を語っていく内に「自分ではどうする?」「自分なら何ができる?」を考えるようになっていました。

各プレゼンからプレゼンターの思いを分けてもらい、自分の次のエネルギーに換える。自分の行動を変えるほどの情熱をももらえた時間となりました。



友達もできた!



ほぼはじめましての方々とのイベントでしたが参加して大正解!情熱も思考も人脈も広がって嬉しい楽しいがギュッと詰まったイベントとなりました。主催者の安藤さん、ご参加された皆様、ありがとうございました~
↑職場にラミネートして飾ってます

↑タスク友達もできました~

2018年5月20日日曜日

手弁当で伺います!木更津アクアリハビリテーション病院にて『タスク管理』を語る

こんばんは、PTくわえです。

本年度も研究寺子屋は勢力的に動いております。

本年度第一回目の研究寺子屋は
木更津市にあるアクアリハビリテーション病院にて開催させていただくことができました。開設2年目の新しい病院。50名近くのセラピストを束ねる先生とひょんなことからご縁を頂いて開催することができました。人のつながりってありがたいですね。
↑参加していただいたセラピストは32名!


研究寺子屋シリーズでは
まずは自分の持ち時間を把握するための『仕事と私事のタスク管理』を行います。仕事に関わるタスクと、プライベートに関わるタスクを付箋とペン1本でシンプルに管理する手法です。

臨床を終えたあとの夕方に60分お時間を頂いての開催。講義が進んでいくに連れて皆さんの本気度が増してきて表情が変わってきたセラピストが多数!プレゼンするこちらも気持ちが入ってきます。

↑ろくろを回す私

タスク管理によって仕事と私事をコントロールできるようになると手に入るのが、『自分の時間』です。
自分の時間ができたら、そこで本当にしたいことをしていきましょう!
次回は6月にevernoteを用いた情報の一元管理について大いに語ります。

ニーズがありましたら、声かけてください。手弁当で伺います(`・ω・´)ゞ

2018年5月4日金曜日

こっちの思いなんて相手にはどうでもいい事に気がついた

こんばんは、PTクワエです。

ゴールデンウィークを皆様いかがお過ごしでしょうか?
ゴールデンウィーク・・・お休みを頂いている身ではありますが、結局の所、いつもの仕事+家事&子守りとなります。

家事&子守りが主になりますので、いつもの仕事は置き去りになります。

これって男性にはちょっと心が苦しくなる所。

仕事しなきゃ・・・でも世間は休み・・・とはいえいつもの周期で仕事の締切は来る・・・


まあ、タスク管理とか言っていますが結局は時間の余裕がない状態です。日常よりも更に時間の余裕がない?見えない?ってところでしょうか。


な~んて思いなんて、相手には関係ないこと。
どんなに栄養を考えて食事を準備しても
『これイヤ~』とか
『ふりかけ頂戴』とか
予想してない(予想したくない)コメントをもらうと凹むよね~凹む

え、準備した食事、食べてくれないの?
僕の1時間は無駄じゃん?(仕事あるんだけど)

って思うところが僕の未熟な所


だって、相手によってはごちそうになるものも、
好き嫌いによってはごちそうから程遠いものになる。

こっちは仕事に追われている感情の中で
向き合ったのに~ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
ってなっちゃうけど、

相手からしたら、『肉食わせろ』『もっと美味しそうなの作って』
って気持ちで食事を待ってる。

こっちの思いなんて相手にはどうでも良いことなんですよね。相手の期待に沿ったものなんてなかなか準備できない。

だからこそ、相手が何を求めているのかを考えて上げることが必要なのかな。

まだそこまで大人になりきれてないな~と思う日でした。

2018年4月16日月曜日

本日はご当地体操の打ち合わせ。立ち位置によってほしいものは違うってお話

こんばんは、PTクワエです(`・ω・´)ゞ

本日も朝から会議ラッシュ。
確実に、地道に進んでいるプロジェクトの一つ、
「ご当地体操」

どうしても後発のプロジェクトになりますので
効果判定の指標をどこにおくのかを気にしています。

んがしかし、関わる立ち位置に寄ってそれぞれの欲しい物が異なります。

PTとしては運動効果の確認。
行政としては介入することで今後の健康状態・介護予防にどれくらいの影響があるのか。
市民側としては、何をすれば健康になるのか。

各種の立ち位置、予算の限界、人員数から導いた現実可能な落とし所。

現実的な落とし所を見つけても、さらに上の方でどう揉まれて化学反応起こすかが未知数ですが、まあ、今日の会議は進捗があってよかったです。

とはいえ、これまた忙しい日々が始まりますな~

2018年4月3日火曜日

擬似大腿骨頚部骨折を体験中。何しても痛いぜ

おはようございます、PTクワエです。

ひょんなことから、擬似大腿骨頸部骨折を体験しています。
すんげー痛いです。

右側に派手に倒れて、右胸鎖関節&胸肋関節の捻挫と右臀部を強打しました。
すんげー痛いです。

男38歳にして半泣きで帰宅しました。
すんげー痛いです。

取り急ぎ、擬似大腿骨頸部骨折の感想。
すんげー痛いです。

自分で重心移動するのも
歩くのも
立つのも
座り込むのも
座り続けるのも
排泄するのも
靴下履くのも
靴履くのも
すんげー痛いです。

今日一番痛かったのは、車の揺れ。
自制できない重心移動は痛み以外の何物でもない。


本当の大腿骨頸部骨折患者さんに早期の座位訓練や車椅子移動、座位姿勢の他者による修正とか、された側は痛み、痛みによる恐怖が先行するんじゃないの?

退院後の帰路に着く際の乗車訓練とか絶対にしておいたほうがいいね。じゃないと外に出る、デイに行くとかハードル高い。

ブログ書きながらも
すんげー痛いです。

2018年2月12日月曜日

エレベーターの「行き先」に工夫有り

おはようございます、昨日よりカルフォルニア州ロングビーチに海外研修で来ています。
日本との時差は17時間。
今はただいま7時前。日本はちょうど真夜中ですね。

宿泊しているホテルのエレベーターにちょっとした工夫があったのでご紹介。

このホテル、世界的規模のホテルであってお客さんもいろいろな方が利用されます。
昨日ロビーに居た間に、アメリカ・メキシコ・スペイン・日本(私ですね)・中国の言葉が飛び交っていました。

そうなると各国それぞれの人に伝わりやすいユニバーサルデザインが必要になると思い色々とホテルをチェックしている所です。

今日はその一つ、エレベーターの行き先ボタンの工夫を見つけました。
いつも見るボタンもあるのですがその隣にカードキーを差し込む場所が。
ここにルームキーを差し込むことで自分の部屋がある階を行き先として選択することができます。車椅子の人が高層階のボタンを押さなくても、エレベーターが行けるような工夫の一つですね。(各階にハンディキャップ専用の部屋があるようです)

物珍しく私が試していたら
『what are you doing』と同乗者が
試している私のほうが珍しかったようです^^;

2018年1月20日土曜日

研究寺子屋受講生から研究に関するご相談をいただいてます

こんにちは、PTクワエです。

本年度開催した研究寺子屋in日本離床研究会の受講生から連絡をいただくことが増えてきました。ありがたいことです。

研究テーマについて、研究計画書に関して、人生設計に関してとお話を聞いて私も考えが甘かった点や、改めて考え直したい点が見つかって私にとっても有益な時間となってます。

講習会や勉強会をして、
その内容を実践してくれる人は3割ぐらい
その内容を継続してくれる人は1割ぐらい?

その中で連絡してくれる人ってのは結構なレアです。
そのレアな方から連絡もらえるってのはホントありがたいことなんです。
多くの気づきをもたらしてくれるのでじゃんじゃんご連絡お待ちしておりますm(_ _)m