2016年11月5日土曜日

娘が悟った『姉離れ』の寂しさ

今日はお天気でした。
長女と次男を連れて近所の公園へ。

『あ〜、次男が離れていっちゃうな〜』
遊びの中でふとした瞬間に娘がつぶやいた一言が心にしみました。


長女と次男は顔も性格も食事の好みも似ていて、喧嘩しながらも遊びながら毎日を過ごしています。


今日は、公園で遊んでいるうちに、次男坊の友達が見つかり、集まり、次第にその友達と公園遊びが広がって行きました。

いつも公園遊びの時には『姉ちゃん〜姉ちゃん〜』って後を追いかけて来ていたのに、友達に取られた感じが寂しくなったのでしょう。
少しずつ兄弟の和から、友達に興味が広がって行く成長の過程。お姉ちゃんとしてはいつも頼られているのにな〜としみじみ感じちゃったのかな。


娘よ、その『姉離れ』は寂しいけど嬉しいことでもあるのよ。次男自体も成長していることだし、それを長女が感じることができた事は子供から少しずつ大人に成長している過程なの。

その娘の発言も『親離れ』なんだろうな〜